県議選の争点は水道、原発、消費税!しっかり答える福島かずえ候補の勝利を

今日の地元紙「激戦区ルポ」トップバッターが若林区でした。4人の候補者が乱戦・混戦。誰がはみ出してもおかしくない状況です。
同時に地元紙は、水道民営化・女川原発再稼働・消費税が争点だと論じています。
そのすべてにしっかり答えて政策を訴えているのは福島かずえ候補ただ一人です。

夜の愛宕集会所での個人演説会では、消費税を5%に減税すること、住宅や商店リフォーム制度で地域経済を元気に!と訴え、地域の商店会の皆さんから熱い激励を頂きました。
無くてはならない議席です。定数3を勝ち抜こう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください