歴史的な結果となった宮城選挙区、市民と野党の共闘が政治を変える!

参議院選挙、宮城選挙区では石垣のりこさんが初当選!!!
大激戦を制しての勝利、本当にすばらしいたたかいでした。
宮城の自民党の代名詞の世襲議員を打ち破って、立候補表明してわずか2ヶ月あまりの新人石垣のりこさんが勝ち抜きました。
1票をあらそう大接戦、歴史に残るたたかいです。
そして、非改選合わせて宮城選挙区の自民党議員がいなくなったことも、安倍政権に対する宮城県民の痛烈な審判と言えるのではないでしょうか

また、改憲勢力が3分の2割れとなったことも画期的です。憲法守る民意が示された結果です。
参院選での意識調査でも「憲法を変えるべきではない」「10月の消費税増税はやめるべき」が多数を占めています。
石垣のりこ参院議員を先頭に、国民の声が生きる政治をはじめましょう!

日本共産党は残念ながら改選8から7議席に後退しました。
比例では東北・北海道で紙智子さんをふくむ4議席、東京選挙区の吉良さん・京都選挙区の倉林さんの2現職、そして埼玉選挙区で伊藤岳さんの初勝利をつかむことが出来ました。
一方、比例で仁比さん、大阪選挙区のたつみさんの現職の議席を失ったことは残念でなりません。
野党全体が議席を伸ばしたこと、32の1人区で改選時2議席だった野党が10議席まで躍進したことなど野党共闘の大きな成果もあります。

参院選の結果を教訓と力にして、訴えてきた公約の実現へ頑張ります!
そして8月の仙台市議選で躍進を果たすために、今日から新たなたたかいのスタート。走り続けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください