消費税増税ではない別の道、財源でも対案示す日本共産党です

参院選政策のうち、財源論部分をシェア。https://www.jcp.or.jp/web_policy/2019/06/2019-bunya23.html?fbclid=IwAR3Ft3QcKtRIGHEAG6i33B65Z8fr_2T_oYgNCkn6CGEwvG2jxMbM6tfuHeA

当面は消費税10%増税ストップとともに3つの政策(①8時間働けばふつうに暮らせる社会に②安心の社会保障を築く③お金の心配なく学び子育てできる社会に)を実現するための7.5兆円の提案。

そして、歳出のムダづかいの見直し、累進課税の強化、タックスヘイブンへの規制など行い財源を生み出す。
雇用のルールをつくり、社会保障制度の所得再分配機能を高め国民のふところをあたためる。地域経済を立て直して、国民の担税力が高まることで税収を増やしていく。

将来的には、消費税廃止をめざす。
道筋をしっかり示しているのが日本共産党です。

具体的な財源提案→http://www.jcp.or.jp/web_policy/2017/10/2017zaigen.html

#比例は日本共産党 #比例は共産党
#宮城選挙区 #石垣のりこ #市民と野党の統一候補

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください