地域を歩くとたくさん声が寄せられます

6月1日の県政市政報告会のご案内に沖野地域を歩いています。
実は先日、沖野のOさんからお洋服のお下がりを頂きました。
Oさんが20年以上前にハンガリーで買ってきたものの着ていなかったという刺繍のシャツです。とっても嬉しくて、今日さっそく着てみて一緒に記念撮影。これを着てOさんのように、年を重ねても探究心を失わず、学び行動しつづける人になりたいものです。

午後は若林区母親大会連絡会の総会へ。
今年の宮城県母親大会は石巻で開催されます。記念講演は弁護士の白神優理子さん。
とっても分かりやすく、希望あるお話をして下さると評判です。これはぜひ参加したい!

総会のあとは、宮城県社会保障推進協議会の長澤さんから「人権としての社会保障」というタイトルでお話をして頂きました。
安倍政権のもとで相次ぐ社会保障改悪を時系列で追うと愕然とします。特に介護や年金などの問題は話が尽きないほど盛り上がりました。

その後、若林地域をまわりました。
街路樹の剪定、側溝清掃などのご要望もいただいてやっぱり地域を歩いてこそ分かることってたくさんあるなと感じます。

明日は6月議会の議案説明。
今任期最後の議会になりますが、こうして市民から伺った声を届けるため頑張ります!

6月1日10:30~12:00
県政市政報告会
沖野コミュニティセンター
日本共産党沖野後援会主催です。
ぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください