荒町事務所でひなまつりのお祝いをしました

3月3日には、荒町事務所で南材連坊後援会恒例のひなまつりを行いました。
毎年、私のお雛様を事務所に飾り付けて行っています。自宅ではほとんど出したことのないお雛様がこうして出番をもらえて嬉しいです。

娘にとっては2回目のひなまつり。昨年は肺炎で入院していて、病床でむかえた初節句だったのに比べると、今年は元気いっぱいで良かったです。

福島かずえ県議や私から議会の報告をさせていただいたあと、ひなまつりの食事に舌鼓。

そして、参加者みんなで春の歌を歌いました。
そこで演奏をして下さった方から「宮沢賢治は注文の多い料理店のなかで、物質的な栄養とともに心の糧を得る、みんなで分かち合う大切さを強調している。今日の集まりはそうした心の糧を得るひとときだった」とお話しがありました。

来年も皆さんと一緒にひなまつりのお祝いができるよう、今年の夏は頑張らねば!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください