多様性を認め合う社会の実現へ、大事な一歩です

郡市長が「にじいろ協働事業」に取り組むメンバーの皆さんとの懇談を行ったそうです。
一昨年議会の一般質問で、LGBTの当事者の方と直接対話し、市ができる支援策を一緒に考えていくべきと求めたとき、市長からも前向きな答弁がありました。
パートナーシップ制度が全国で広がっていますし、ぜひ当事者の思いにこたえられるような取り組みを仙台でもつくっていきたいです。
懇談の実現に向けご努力頂いた皆さんに感謝です。
多様性を認め合う社会の実現のため、私も引き続き取り組んでいきたいと思います。

にじいろ協働事業のホームページは以下です。

仙台市長が「にじのひろば」を訪問してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください