女川原発県民投票条例案が県議会で否決!原発再稼働を許さない県民の声をさらに大きくさせよう

女川原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案は県議会で自民党・公明党などの反対多数で否決されてしまいました。本当に悔しい!
11万人を超える請求署名で示された民意をさらに大きく発展させて、今度は秋の県議選で女川原発の再稼働をゆるさない県議会をつくりましょう!

女川原発再稼働の是非をみんなで決める県民投票を実現する会、代表の多々良哲さんのコメントを紹介します。
「今日の本会議で県民投票条例案が否決され、まことに残念。とても悔しい。
議会と知事は、11万県民の願いを受け入れず、県民が意思表示する機会を奪った、その責任は非常に重たいと自覚していただきたい。この先まもなく、女川原発2号機再稼働に同意するのか否か、知事と議会に問われるときが来る。そのときに、どうやって県民への説明責任を果たし、どういう答えを出すつもりなのか? 県民投票を拒んだ議員と知事は、この重大問題に自分たちが全面的に責任を負うと言ったことを意味する。その自覚が、覚悟が本当に彼らにあるのか、甚だ疑問だと言わざるを得ない。私たちは今後も厳しく問うていく。

この県民投票運動は、多くの県民の共感を呼び、広範な県民が参画する運動となった。女川原発2号機再稼働問題が、多くの県民の関心事となり、問題意識を持つこととなった。このことの意義は非常に大きい。立場表明や議論を避け、情報を与えず、ギリギリまで県民がこの問題に気付かないように、関心が向かないようにしようという思惑は崩れ去った。

私たちは、今回の運動で、県民世論が私たちの側にあることを実感し、「民意は我にあり」を再確認した。11万県民の署名によって、私たちが目指した「民意を形にし、力に変える」ことに、かなりの手応えを得ることが出来た。私たちは、今回の運動を土台にして、「民意を形にし、力に変える」運動を、さらに広く大きく進めていく。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください