新しい経済戦略で農業・漁業への支援を強めることを求めました

予算等審査特別委員会では経済費でも質問に立ちました。

取り上げたのは市の漁業・農業支援の拡充です。
まず「予算の中で水産業関係予算が見つけられないほど少ない!」という点から始まって、赤貝が貝毒によって漁ができなかったことの対策や、仙台港での重油流出事故による仙台の漁業者への影響と補償の実現について質問

また、2016年から仙台以南で漁業権が解禁されたシラス漁についても、名取市や山元町で行っている支援策を紹介し、仙台市でもシラス漁に取り組めるよう独自の補助を求めました。

農業では、被災した農家から「今後、農業機械の更新がいっせいに来てしまう。購入は1000万円を超え、補修にも数百万円かかるので不安」との声を紹介し、市も一緒になって機械更新の計画をつくり必要な支援を行うよう質問しました。

さらに、農業を通じて交流人口を増やす取り組みとして井土生産組合が行っているネギ祭りと、荒浜のめぐみキッチンが行った「賢治と焚き火と丸い田んぼ」というイベントをパネルで紹介しました。
市は交流人口ビジネス活性化戦略という新しい計画の中で体験プログラムを1000本つくるとしています。東部地域では農業などの体験型プログラムをぜひ発信してほしいと求めました。

当局の答弁もおおむね前向きでした。そして、質問が終わったあと他党の議員からも「良かったよ」とか「釣りするの?」など、いろいろお声がけ頂いたのも珍しいことでした。
漁業・農業を応援したい気持ちが伝わったのかもしれません。

質問にあたり、お話を聞かせて頂いた農家・漁師の皆さん、イベントの紹介を快くご了承いただいた井土生産組合と荒浜のめぐみキッチンの皆さんに感謝です。

動画はこちら→http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください