日別アーカイブ: 2021年3月28日

時短要請等関連事業者支援金についてのお知らせです

仙台市時短要請等関連事業者支援金についてさらにお知らせです。

すでに様々お問い合わせをいただいていてありがたいです。多くの皆さんにご活用いただきたいので、周知もがんばります!

○飲食店の時短要請やGoTo事業の停止、宮城県・仙台市による緊急事態宣言などによって人の流れが減ったことなどによる影響をどのように判断するか、という点について。

これについては、関連事業者影響情報シートという様式でチェックする形式をとるようです。

写真は参考までに、売上減少率30%まで対象が拡充される前の手引きで掲載されているもので、おそらく同様の様式となると思われます。

(1)で該当するところにチェック、(2)で具体的な影響について記載していただくものです。

(※影響を受けたことが客観的に確認できない場合は取引等の記録や顧客台帳などの書類の追加提出を求めることがあります。)

この時期に売上が30%以上減少している事業者の方は、少なからずコロナにより人の流れが減ったことの影響を受けているものと考えられます。関連事業者支援金は業種は問いませんので、ぜひチェックシートをご確認ください。

また、関連性について疑問等があれば遠慮なくお問い合わせください。

○売上を比較する年について。

関連事業者支援金は昨年の12月~今年4月までで、売上が前年同月比30%以上減少していることが要件です。

この前年同月比ですが、昨年のこの時期にはすでにコロナの影響で売上が減少していた事業者がたくさんいらっしゃると思います。

経済局に確認したところ、今回「コロナ特例」を設け、昨年の同時期にすでにコロナの影響で売上が減少していた場合は、一昨年の売上と比較しても良いという取り扱いにするとのことです。これだと、より多くの事業者が対象になるのではと考えています。

今回、かなり柔軟な制度になっていると思います。ぜひ、ご活用ください。

30%減少の場合の申請受付はまもなく始まる予定です。その際、申請手引きや様式もホームページに掲載されます。

売上が50%以上減少した場合は、支援額が変わりますので、対象月のうち最も影響が大きかった月での申請をお願い致します。