未分類」カテゴリーアーカイブ

12月議会では代表質疑で市民の声を届けました

一昨日閉会した12月議会では代表質疑に立ちました。補正予算では市立の小中学校等の普通教室や職員室などにエアコンを設置するための費用が計上されました。子どもたちや保護者、教職員をはじめたくさんの市民から歓迎の声が寄せられています。エアコンの設置が地元業者の仕事おこしにつながるよう分離分割発注とすることや、ランニングコスト抑制に効果がある断熱対策を行うことを求めました。

また、市長は仙台市独自の「奨学金返還支援制度」の素案を発表しました。奨学金の返済を抱える学生が市内の中小企業に就職した場合に3年間助成を行うというもので、私もこれまで中小企業の人材確保につながると提案してきました。ただ、素案では助成額の年間18万円のうちの半分は中小企業が負担することになっており、お金を出せる中小企業しか活用できないおそれや、対象人数が70人だけで少なすぎるという課題があります。より多くの若者や中小企業が利用できる制度とすることを求めました。

この他にも、障害のある子どもさんが通う放課後等デイサービスの報酬改定による運営への影響や、心身障害者医療費助成制度の窓口負担をなくすこと、福祉灯油の実現、宮城県が推し進めている水道のコンセッション方式導入への危惧など、この間市民の皆さんからお聞きしてきた声を取り上げています。

来年2月には新年度予算が示されます。今回取り上げた課題もふくめ、市民の切実な願いがひとつでも多く実現されるよう引き続き取り組んでいく決意です!

12月議会の傍聴のご案内です

12月議会の傍聴ご案内動画できました。
https://www.youtube.com/watch?v=77xlZUPBBH4&feature=share
この時はまだ書き始めだった原稿も1万字を超え完成しました。
市民の声を届けて頑張ります!

12/12 庄司あかり   代表質疑
12/14 高見のり子議員 一般質問
12/17 すげの直子議員 一般質問

インターネット議会中継はパソコンでもスマホでもご覧頂けます。

井土のネギ祭りに家族で参加しました

昨日は井土のネギ祭り!最高のお天気のもと、家族で参加しました。
娘の背丈ほどの井土ネギ。最初は「どうやって抜くの」などと言っていた夫ですが、コツをつかんでどんどん収穫し、700円詰め放題の袋にぎっしり詰めていました。ネギを担ぐ姿は意外とさまになってます。

津波で被災した井土地区の皆さんで立ち上げた農業生産法人の井土生産組合が開催しているネギ祭りです。毎年参加していますが、今年はさらに参加者が増えたように感じました。
採れたてのネギは焼いて食べると新鮮で甘くて美味しい!子どもたちの食育にもなる取り組み。毎年楽しみにしています

ネギサミット誘致のご要望や、避難道路の整備についてのご相談も寄せられました。生業の復興と持続可能な農村集落をつくるという課題に立ち向かう被災地の皆さん。さらにお役に立てるよう、おいしいネギを食べて頑張ります!

女川原発の再稼働は県民が決める!直接請求署名を集めています

女川原発の再稼働は県民が決める!県民投票で決める!
県民投票条例の制定を求める署名はいよいよあと2日間です。(丸森町を除く)
今日は河原町で、先日は荒町で、地域の皆さんと一緒に署名へのご協力を呼びかけました。
若林区は、オールわかばやしの力ですでに2%を突破していますが、全県で10万筆達成に向けてもう一回り頑張っているところです。
今日もお店の中から出てきて署名に協力してくださる方や「福島の原発事故によって仙台に移り住んでいる方も近所にいる。女川原発を再稼働したら、福島の皆さんに顔向けできない」と言って署名してくださる方などたくさんの激励を頂きました

今日はお願いしていた署名の回収にも歩きましたが、皆さん若林区だけでなく他区や他自治体の方にも広げてくださっていて嬉しいかぎり。
県知事じゃなくても、県会議員じゃなくても、私たち県民一人ひとりの民意を積み上げることで政治を動かす。住民直接請求は、民主主義の原点のような活動だなぁとつくづく感じています。
県民投票の実現へ向け、最後まで頑張ります!

若林区役所のオリジナル婚姻届け&フォトスペースが好評です


今日はいい夫婦の日!というわけで婚姻届の提出が多く、区役所の戸籍住民課はおおいそがしだったようです。若林区役所では、若林区特製の婚姻届が評判です。さらに、SNS映えしそうなフォトスペースや、希望されたご夫婦には区長室で区長と一緒に記念撮影のサービスまで!
これ全部、WAK30という若林区役所の若手職員の皆さんのアイデアによるものだそうです。
おもしろい取り組みですね~。
フォトスペースはしばらく設置しておくそうなので、今度はぼっちじゃなくて家族で撮りたい!

連坊のおもしろ街教室でパンづくりをしました


今日は連坊商興会の大黒屋さんのパンづくり教室に参加しました!小学校からの同級生とその息子くんと一緒です。
紅玉りんごパン、さつまいもパン、ドラえもんのチョコクリームパンの3種類をつくりました。私のドラえもんはひし形になっちゃったけど、絵はうまく描けたので結果オーライ!?
焼きたてのパンはふわふわでとってもおいしかったです。

いま、連坊・薬師堂・むにゃむにゃ通り商店街ではオモシロ街教室というイベントが行われています。私も9月議会で紹介したのですが、商店主が先生になって、お客さんが生徒になって学びます。普段は入れない厨房で、パン屋さんの機械を説明してもらいながらのパンづくりはわくわくがいっぱい!とっても楽しかったです。貴重な体験をさせてもらい、参加者はお店のファンになること間違いなし。
商店街を身近に感じるとても良い取り組みだと思います。
いろいろな商店街に広がると良いな~。

荒浜の不法投棄、当局にさっそく対応していただきました

荒浜の不法投棄ですが、環境局の事業ごみ減量課と若林環境事業所で昨日撤去したという報告をいただきました。連絡した次の日にさっそく対応してもらい感謝です。
沿岸部の不法投棄は引き続き深刻な課題です。置けば撤去してくれると思われては困る一方、ごみを置いたままにするとごみがごみを呼ぶ状態になってしまいます。
沿岸部の跡地利活用も進んでいく中で、注意喚起やパトロールなどの対策が急がれます。

健康ウォークからこども劇場、荒浜まで

今日は若林区の健康ウォーク大会からスタート。5:50に荒町を出発し、南小泉の交通公園まで歩いていきます。そして区内各地から集合した皆さんと一緒に、ラジオ体操第一、第二、みんなの体操、若林区げんきくん体操を行いました。帰りも歩いて8:30の時点で12000歩でした!

その後、娘と一緒に若林こども劇場の総会と、オモイデツアー参加のため荒浜へ。仙台東部の地名から歴史を紐解くお話に皆さん聞き入っていました。
沿岸部の不法投棄の相談も寄せられました。解決のため動きます。

草ぼうぼうの通り道を整備してもらいました

今日は大和町へ。以前に、草がぼうぼうに生い茂って困っているとご相談があった排水路の上は地域住民の通り道になっています。

担当の下水道調整課にお話し、草刈りをしてシートを張ってもらいました。

志波町では、女川原発の県民投票条例制定を求める署名のお願いに歩きました。女川原発で事故が起これば、風向きによって仙台、若林区に放射性物質が直撃するというシミュレーションを示しながらお話すると「知らなかった、女川原発の再稼働はだめ。県民の声で決めるのは当然」と署名してくださる方が次々と。
住民直接請求の成功へ、コツコツ署名を集めて頑張ります!