総選挙、県知事選挙、前を向いて頑張ります!

悔しい!!!けれどまた頑張ろう!!!
今日、会う人会う人とそんな言葉を交わしました。

宮城県知事選挙では、たたら哲さんの大奮闘がかなわず、現職知事が当選を果たしました。でも、県政を変えたいという多くの仲間ともにたたかうことができ、大きな財産を得られました。たたらさんには、これからも女川原発再稼働ストップの先頭に立っていただきたいです。

総選挙では、宮城2区の鎌田さゆりさんはわずか1316票差で落選。本当に大接戦でした。無所属で、政党カーも政党ポスターも政見放送もない不利な中、自民党候補にあと一歩まで迫りました。市民と野党の共闘の力を信じてたたかった鎌田さんの大健闘に心から拍手を送ります。これからも一緒に街頭に立って頑張りたいです。

そして、日本共産党は残念ながら全国で議席を減らし12議席となりました。東北では、高橋ちづ子さんの議席を守ることが出来ましたが、ふなやま由美さんを国会に送ることができませんでした。
街頭で、地域で、寄せていただいた期待の声に応えられず申し訳ない思いでいっぱいです。

一方、宮城1区で日本共産党も支援した岡本あき子元仙台市議が比例で当選したのをはじめとして、立憲民主党が大躍進し、野党第1党となったことは本当に嬉しいです。自民・公明が2/3を占め、補完勢力の希望や維新もある中で、憲法9条を守る勢力として、これからも国会内外でともに力を合わせていくことを期待しています。

野党共闘を大きく発展させながら、日本共産党そのものを知ってもらい伸ばしていただくことを次への課題として、頑張っていきたいとあらためて。

しかし、思い返せば私が共産党に入ってからの数年は、衆議院で一桁台の議席数が続きました。ジグザグでも、私たちが市民の皆さんとともに頑張ることが、必ずまた、躍進につながると確信しています。
これからも、訴えてきた政策の実現のため頑張ろう!と選挙結果の報告宣伝でみんなと決意を固めあいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA