青空の下、ジャズフェスで心地よい音楽を聴きました


9~10日はジャズフェスでした。
仙台の街の中、あちこちに音楽があふれます。今年は2日間ともに最高のお天気に恵まれました。

私も娘を連れて、錦町公園で行われた歌謡尺八教室の皆さんの演奏を聴いてきました。
「上を向いて歩こう」や「川の流れのように」など誰もが知る名曲に合わせる尺八やお琴の調べと、青い空、心地良い風。本当に素敵な時間です。

最後の「涙そうそう」ではボーカルのHさんが時おり声をつまらせながら歌いあげました。
中学生の息子さんを事故で亡くし、今年十三回忌を迎え、ひとつの節目としてこのジャズフェスに参加された方です。
「古いアルバムめくり、ありがとうってつぶやいた」…この歌詞に思わず涙がこみ上げてきたのでしょう、と歌謡尺八教室のO先生が、一緒に涙声になりながらお話されました。
心が動かされる、優しくあたたかい歌声と演奏でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください