郡市政がスタート!市民が主役の市政をご一緒につくりましょう!


8月22
日から郡和子仙台市長の任期が始まりました!
市役所には多くの市民が集まり、郡和子市長の初登庁を大歓迎しました。
市職員へ向けた訓辞では、先例にとらわれず柔軟な発想で取り組むこと、現場に足を運ぶこと、市民協働を重視することをお話されたとのことです。
議会に対しては、与党野党関係なく全ての会派に対して、提出する議案の説明を市長自ら行いたいという郡市長。
市民が誕生させた市長だからこそ、民主主義を貫き、現場の声が届く市政をつくってくれることでしょう。

 新しい仙台市政が始まる!
そのワクワク感とともに、郡和子市長が訴えてきた35人以下学級や給付型奨学金制度の創設をはじめとする政策の実現のため、私も議員として全力をあげる決意を新たにしています。

郡市政のスタートは住民の力で地方政治を動かすスタート地点でもあります。市民の運動がさらに大きく広がる仙台市をご一緒につくっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください