月別アーカイブ: 2018年10月

健康ウォークからこども劇場、荒浜まで

今日は若林区の健康ウォーク大会からスタート。5:50に荒町を出発し、南小泉の交通公園まで歩いていきます。そして区内各地から集合した皆さんと一緒に、ラジオ体操第一、第二、みんなの体操、若林区げんきくん体操を行いました。帰りも歩いて8:30の時点で12000歩でした!

その後、娘と一緒に若林こども劇場の総会と、オモイデツアー参加のため荒浜へ。仙台東部の地名から歴史を紐解くお話に皆さん聞き入っていました。
沿岸部の不法投棄の相談も寄せられました。解決のため動きます。

草ぼうぼうの通り道を整備してもらいました

今日は大和町へ。以前に、草がぼうぼうに生い茂って困っているとご相談があった排水路の上は地域住民の通り道になっています。

担当の下水道調整課にお話し、草刈りをしてシートを張ってもらいました。

志波町では、女川原発の県民投票条例制定を求める署名のお願いに歩きました。女川原発で事故が起これば、風向きによって仙台、若林区に放射性物質が直撃するというシミュレーションを示しながらお話すると「知らなかった、女川原発の再稼働はだめ。県民の声で決めるのは当然」と署名してくださる方が次々と。
住民直接請求の成功へ、コツコツ署名を集めて頑張ります!

市道に編入された道路が整備されました

今日は保春院前丁を歩きました。こちらは数年前に私道を市道に編入したいとご相談があった場所。2015年の一般質問で取り上げ、昨年の3月の議会で市道に認定されたものの、道路整備がしばらく行われず、地域の方と一緒に区役所の道路課に要望をしてきました。
ようやく、側溝と舗装の整備工事が始まりました。私道だった頃から時間はかかったけれど、これで一段落かなと思うとうれしいです。

このように、住民にとって身近な仕事をしてくれる区役所ですが、予算が少なく順番待ちになっている箇所がたくさんあります。
区役所の裁量予算を増やして、地域の要望に応えられるようにしていくことが課題です。