庄司あかり議員

3歳以上児の主食代の負担軽減を求め保護者の皆さんが署名を提出しました

昨日、若林どろんこ保育園の保護者有志の皆さんが3歳以上児の主食代の負担軽減を求める嘆願書を仙台市に提出しました。

昨年4月に市立若林保育所が廃止民営化され、若林どろんこ保育園に移行しました。
若林保育所では3歳以上児の主食は持ち込みのためお金はかかりませんでしたが、若林どろんこ保育園では月3000円かかります。あまりにも負担が大きいため、移行の園児は3年間だけ月2000円になっていますが、新規の場合やきょうだいがいる家庭にはさらに重い負担になっています。
若林保育所を廃止民営化したのは仙台市なのだから、市の責任で負担軽減をはかってほしいと保護者の皆さんが集めた署名は548筆にのぼり、賛同した保護者の世帯数では53世帯で、全体の6割を超えました。

保護者の皆さんからは、主食代以外にも様々な負担が増えたことや、主食代の根拠を説明しようとしない事業者と信頼関係が築けていないという切実な実態が語られました。
署名を受け取った子供未来局長は「主食代を徴収する場合には、保護者に同意を得なければならないということになっている。主食代の根拠など、説明を尽くすようさらに事業者を指導していきたい」との回答がありました。

折しも、今日の予算議会の議案説明では、保育需要の高まりに応え、計画していたのに加えて2300人分の保育基盤を追加整備することが示されました。また、若手保育士の処遇改善や保育士のための借り上げ住宅への補助に仙台市が独自で取り組むことも明らかになりました。

保護者や、現場で働く保育士、そしてなにより子どもたちにとって、安全安心の保育となるよう仙台市が果たすべき役割は非常に大きいです。
ひとつひとつ前進をはかるため、引き続き現場の声を届けていきたいと思います。

仙台市が復興公営住宅の6年目以降の家賃据え置きを決めました

被災者の運動がみのりました!
仙台市が、復興公営住宅の6年目の家賃値上げは行わず5年間据え置く方針を示しました。
政令月収8万円以下の世帯が対象の特別家賃低減事業は6年目から家賃が段階的に引き上がる仕組みです。このため、復興公営住宅入居者の皆さんが署名運動に取り組んできました。

私は、一昨年の12月議会でこの問題を最初に取り上げ、仙台市が被災者の皆さんに6年目からの家賃値上げについて一切説明していないことを明らかにし、家賃値上げをすべきではないと追及。昨年の予算議会では、国の災害公営住宅家賃低廉化事業の交付金が年間約20億円くること、これを活用することが出来ると示してきました。

その後、復興公営住宅入居者の皆さんが署名運動を始め、これまで約2700筆を仙台市に提出しました。昨年11月には、被災者の皆さんが郡市長に直接要望し「仙台市として何ができるか検討したい」という前向きな回答を引き出しました。12月議会では、日本共産党だけでなく自民党・公明党もこの問題を取り上げました。
被災者の運動が、市長も議会も動かしてきた成果です。本当に良かった!
石巻市や山元町も6年目からの値上げはしない方針です。

郡市長初めての予算が提案される議会は2月13日から。市民の力が政治を動かすことをさらに実感できる議会となるよう、私も頑張ります!

2018年、今年も元気いっぱい頑張ります!

2018年!あけましておめでとうございます🐶
福島かずえ県会議員、若林区後援会の皆さんとご一緒に、今年も恒例の薬師堂前での新年のご挨拶。新しい年のスタートにふさわしい晴れの日です。

昨年は、仙台市長選挙、宮城県知事選挙、衆議院選挙と3つの選挙を市民と野党の共同でたたかいました。今年もこの力をさらに大きく広げるため頑張ります!

そして来年は、夏の参院選とほぼ同時に仙台市議選挙、秋に宮城県議選挙。あっという間に自分自身の次のたたかいが見えてきました。

子育てと市議の仕事、両立しながら、どちらも全力で!今年も明るく楽しく頑張ります。
本年もよろしくお願いいたします。

性的指向・性自認の自由、いわゆるLGBTの権利保障を求めて一般質問をしました


遅くなりましたが、12月議会では一般質問を行いました。
テーマは「性的指向・性自認により社会的な困難を抱える方々の権利保障と支援の充実」です。
国連では性的指向・性自認を理由とした差別解消のための声明や決議が採択され、日本も賛成してきました。
仙台市では男女共同参画計画2016に初めて性的マイノリティに関する文言が記され、今年11月には市職員向けの性の多様性に関する研修が行われました。

全庁的な施策の推進をはかるとともに、「男女」の区別に苦痛を感じる方もいるのに担当部署が男女共同参画課というのは当事者から見てわかりづらいので、たとえば「多様性推進課」などの支援の部署を立ち上げることを提案しました。

また、自分がLGBTだと気付く時期は小学校から高校が多いという調査結果を示し、教育現場での対応について取り上げました。
教育の中に性の多様性への認識を入れていくことは、LGBTの子どもだけでなく、病気や障害、経済的な困難を抱える家庭など様々な子どもたちがいるなかで「みんな平等、一人ひとりが個性を発揮しよう」というメッセージになります。多様性を尊重する教育の重要性と、そのためにもすべての教職員に対する研修を行うことを求めました。

人権にかかわる問題であり、答弁も前向きなものが多かったと思います。特に、郡和子市長が同性パートナーシップ制度などの施策について「当事者の声を直接聞き、どのような支援が必要かを一緒に考えていく姿勢が必要だ」と答えたことは、当事者の皆さんから歓迎されています。当事者と行政が一緒になって取り組みを進めていけるよう、引き続き私も力を尽くしていきたいと思います。

誰を好きになって、どんな服を着て、どう生きるか、は最大の自由であり、保障されなければならない権利です。そのことをまっすぐ訴えることが出来て、自分も解放されたような気がしました。
今回、LGBTのことを質問で取り上げたことで、私自身、これまで漠然と感じてきた「男女」平等についての違和感がすっきりしたように思います。男だからとか、女だからとかにとらわれることなく、人間として尊重しあう。それが当たり前になる社会をつくっていきたいと、改めて決意しています。

動画はこちら→ http://www.sendai-city.stream.jfit.co.jp/…

バスの減便ストップ!など共産党市議団が常任委員会で議論しました


今日は市議会の常任委員会でした。
都市整備委員会には、バス路線の減便等の提案が出されました。市民の皆さんの大事な足であるバス路線は地下鉄東西線開業に合わせ大幅に廃止・減便されました。バスが不便になり市民が乗らなくなると、さらにバスが減らされるという悪循環はなんとしても断ち切らなければなりません。

また「今日は市バスで荒浜・蒲生へ」でおなじみの3.11オモイデツアーで大活躍している貸切バスも休止するという提案です。被災者の皆さんにとって、荒浜や蒲生にふたたび市営バスが走る姿が、どんなに嬉しく感動的なものか…市営バス以外の貸切バスでは意味がないんです。

今日は都市整備委員会ですげの直子議員が、オモイデツアーの写真をパネルにして、バスの減便や貸切バス休止はやめるべき、と質問しました。交通局は後ろ向きな答えばかりだったそうですが、元復興事業局長の鈴木都市整備局長は「オモイデツアーは重要な取り組み。今後の被災跡地利活用でも賑わいを作っていかなくてはならない。」とオモイデツアーの意義を強調してくれたそうです。

公共交通ですから、交通事業者任せではなく市が運行を支えることが欠かせません。市民の足とオモイデツアーを守るため引き続き頑張ります!

私はというと、所属する健康福祉委員会で子どもの貧困対策計画中間案について質問しました。
仙台市がとったアンケートでは、経済的に困難を抱える世帯で「子どもが病気になっても病院に行けない」とか「学習に必要な文具等の購入ができなかったり、進学を断念せざるを得ない」という深刻な結果が出ています。

早期の支援開始と妊娠期からの切れ目のない支援が決定的に重要だと指摘し、子ども医療費助成の自己負担廃止や、スクールソーシャルワーカーの増員・就学援助の拡充、子ども食堂への支援など多岐にわたる提案を行いました。

子どもの貧困対策計画中間案は12/22からパブリックコメント募集が始まりますので、ぜひ皆さんのご意見をお寄せください!

宮城県母親大会in宮城野に参加しました


17日は第57回宮城県母親大会in宮城野。
宮城野高校に1500名を超える参加者が集まりました。

私は、娘と夫と一緒に若者&ママカフェの分科会に参加しました。
10代の学生さんから、将来の奨学金返済に対する不安の声が出されたり、学校の先生からは事務仕事などでいそがしすぎて、本業の子どもと向き合うことや授業の準備に集中することができないとの切実な声が寄せられたり、建設会社で働いている方から職場の人間関係やパワハラの悩みが出されたりと、若い人たちや教育の現場が抱える課題が浮き彫りになりました。
夫からは男性の育児休業取得率の低さと、1ヶ月間育休をとった自らの経験から、制度の拡充や育休をとりやすい環境に変えていかなければと問題提起がありました。

出された様々なモヤモヤに、参加者の皆さんが次々意見を出して、最後は助言者の高橋正行先生から「歴史をみても、今の社会が絶対で、変わらないということは無い。自分たちの行動で変えていけるという確信がこの分科会のお話しの中で感じられたのではないか。」とのまとめで締めくくられました。

メイン講演では、詩人アーサービナードさんが
「戦後は続くよどこまでも?」と題して講演を行いました。

母親になって初めて参加した母親大会。感慨深く思っていたら、地元紙河北新報の母親大会の記事に娘と一緒に掲載されていました。

12月議会、ぜひ傍聴にお越しください

仙台市議会は明日から代表質疑が始まります。お知らせ動画をぜひご覧ください。

13日 高見のり子議員(代表質疑)
15日 庄司あかり(一般質問)
18日 すげの直子議員(一般質問)

私は今回、性的指向・性自認により社会的困難を抱えるいわゆる性的マイノリティへの支援について取り上げます。
ネット中継もありますし、直接、議会傍聴もぜひ!よろしくお願いします。

荒町事務所で望年もちつき大会を行いました

今日は荒町事務所で後援会の皆さんと望年もちつき大会!
宮城2区で大奮闘した鎌田さゆりさんも駆けつけてくれました。
お雑煮、あんこ、くるみ、ずんだ、納豆とたくさんのおもちを食べながら、野党共闘について鎌田さんと意見交換。参加した皆さんからも「民進党と希望の党が合流を決めたときはどう思った?」など色々な質問が出され、鎌田さんが率直に答えてくれました。
その後はフルートと電子ピアノの演奏で歌声タイム。鎌田さんから百人一首の覚え方講座もあり、とても盛り上がりました。

私はおもちを8つ食べておなかいっぱいに。
仙台市議選と参議院選挙まで一年半。野党共闘を強めながら、日本共産党の躍進も勝ち取るため、もちのように粘り強く、来年も頑張ろう!と決意を固めあいました。

LGBT学習会を企画しました


今日は午前中、12月議会の議案説明があり、午後はLGBT・性的マイノリティーの学習会を企画しました。お話しは、ご自身がトランスジェンダー(MtF)である大野さん。わざわざ川越から来てくださいました。

議員だけでなく、民青の仲間たち、ソーシャルワークを学んでいる大学生も参加。意見交換もとても有意義でした。

大野さんは、カミングアウトしてから偏見や無理解に苦しめられながらも、各地でお話しをしてまわり、性的マイノリティーへの支援を前進させるため活動されています。

性同一性障害の治療が保険適用外で高額であること、医療機関が少ないことや、手術が完了しても戸籍の性別変更にはさまざま制約があることを詳しくお話ししていただきました。
また、トイレや温泉などでの不便さや、教育、就労、役所の手続きなどでの課題について、自治体がひとりひとりの基本的人権を保障するために取り組むべきことをご提案いただきました。

当事者のお話しを聞いてこそ知ることができる気づきがたくさんありました。
誰もが自分らしく生きられるのがあたりまえの社会をつくっていくには、多様な価値観や生き方を認めあうという土壌が欠かせません。
全国の地方議員の皆さんの質問もいろいろ紹介していただいたので、勉強して、議会質問に活かしたいと思います。

来年度の重点要望を郡市長に提出しました

21日、日本共産党仙台市議団として来年度の重点予算要望を郡和子仙台市長に直接手渡しました。
動画はこちら→ https://m.youtube.com/watch?v=Cz1nGatzs5I&feature=youtu.be

郡市長にとって初めての新年度予算編成です。
市長は35人以下学級を例に「できない理由はいくつもあるが、それをいかに出来るようにするか知恵を絞って頑張りたい」と話しました。

そして、今日なんと!要望の中に盛り込んでいた「就学援助の入学準備金は入学に間に合うよう前倒し支給を行うこと」がさっそく実現する見通しとなりました。郡市長が今日の代表者会議の中で12月の補正予算で3900万円計上することを明らかにしました。まずは中学校からということですが、市民の願い実現の大事な一歩です!

引き続き、市民の声にこたえて政治を変えるため市長とともに頑張ります!

(ふるくぼ議員は常任委員会のため不在でした。)