庄司あかり議員

衆院選でも野党共闘を!オールわかばやしの会立ち上げ集会


本日は「安保法制廃止と立憲主義の回復を求めるオールわかばやしの会」の立ち上げ集会!
80名を超える方が集まり、会場は熱気あふれる雰囲気でした。
昨年の参院選で、全国で最初の野党統一候補となり勝利した桜井充参院議員から「野党が一致していることはいくつもある。違うところがあるのは当たり前、党が違うんだから。違うところを尊重しあって、政治を前進させるのが共闘だ。」「連合本体からも野党共闘が一番うまくいったのが宮城県だと評価されている」「選挙後も、社民党や共産党と一緒に活動することが続いている」と参院選の教訓が語られました。

その後、市民のリレートーク。
子育てママ、年金世代、9条の会、教育分野、障害者支援、そしてオールみやぎの会からなど多様な課題についての切実な訴え。安倍政権のもと、憲法や社会保障、子どもたちの教育などがないがしろにされていること、安倍政権を退陣に追い込むため、市民と野党が力を合わせて欲しいとの期待が込められたお話ばかりでした。

政党からは、相沢和紀さん(社民党・仙台市議)、佐藤克之さん(日本共産党・仙台東地区委員長)、林宙紀さん(民進党・宮城2区支部長・元衆院議員)が「衆院選でも野党共闘を!」とそれぞれ個性あふれるスピーチ。皆さん真剣に聞き入っていました。

若林区は、昨年の参院選時に野党共闘の街頭演説などが市内で唯一行えなかった区。
その分、野党それぞれ桜井充さんの勝利へ力を尽くし結果を出したわけですが、やっぱり他の区で3野党揃って宣伝をしているのを見ると「若林区でも実現したい…!」と願わずにはいられませんでした。
しかし、そんな若林区で、オールみやぎの会の地域版を最初に立ち上げることが出来るなんて!

「政治を変える、市民が変える」
市民が野党を動かし、歴史をつくっていく。
そんな大事な場面に立ち会うことが出来て本当に感動的でした。
本日生まれた市民と野党の共同の芽をみんなで育てて、来たるべき総選挙では大輪の花を咲かせたい!

市道編入、住民の皆さんとの運動がひとつ実りました


予算議会が9日から始まります。
今回の議案書を見ていたら、若林区保春院前の私道を仙台市道に編入する議案がありました。
この私道は、地域住民の皆さんとご一緒に数年前から市道編入の手続きを進めてきた場所です。一昨年には一般質問でも取り上げました。

たまたま市政報告ニュースを届けに伺ったお宅で、市道編入のご相談を受けたのがきっかけです。その後、周辺住民の皆さんや区役所との現場検証を行うなど、時間はかかりましたが一歩ずつ進めてきました。
ようやくこうして形になったことが嬉しくて、すぐにご報告の電話をしたら、とても喜んで下さいました!
聞いてみるとこの場所、30年ほど前から懸案の道路だったのだそう。
それが今回、住民の皆さんによる合意形成のための努力や、測量士さんのお力添え、区役所の尽力でやっと議案に。あとは、議会で承認されれば仙台市道となり、ガタガタになっている道路も改善されていくはず!

なかなか解決できず、もどかしいご相談もありますが、実現できた一つひとつを励みにしてこれからも頑張ります!2月議会も大事な市政課題が盛りだくさんです。

避難所のパーテーションをつくりました

先日発生した火災で住宅を失った方々が地域の集会所に避難されています。

複数世帯が一部屋で寝泊まりしているため「震災の時、避難所で使われたような間仕切りを借りられないか」と、ご相談が寄せられました。消防署、区役所、危機管理室にかけあって分かったのは、仙台市は大規模災害で避難所生活が長期化する場合に、ダンボール製造企業との協定により間仕切りを提供されることになっており、常にどこかで保管しているわけではないということでした。しかも、その協定に基づけば今回のような数世帯の被災では提供は出来ないとのこと。

行政は出来ないと言っている。
しかし、避難所での集団生活を余儀なくされている方々の環境は一刻も早く改善が必要です。

「無いなら自分でつくればいい!」と、私の実家のコンビニから比較的キレイなダンボールを集めて集会所に運び、間仕切りづくりを始めました。つくり始めると避難者の方も手伝ってくださって、なんとか出来上がりました!
意外と簡単にできることが分かったので、今後この知識は役に立ちそうです。

「プライバシーが守られない状態だったから、とても助かったよ」と言っていただきホッとしました。

肝心の住宅再建のご相談では、仙台市の市営住宅への特定入居を検討しましたが、市営住宅ストックがあまりに少ないことや、これからクリーニングに時間がかかることなど問題が多く、皆さん民間賃貸住宅を探すことになりそうです。
セーフティーネットとしての市営住宅、そして行政の役割が、こうした緊急時こそ活かされなくてはならないと強く感じています。
課題にぶつかりながらですが、支援は続きます。

荒浜地区に3箇所の街灯が設置されます


まずは一歩前進!
荒浜地区に3箇所の街灯が設置されることになりました。
これまで、沿岸部で不審火や不法投棄が相次ぐたび防犯対策と街灯設置を急ぐことを求めてきました。12月の代表質疑でも取り上げたばかり。
今年度内に、若林区役所が設置するとのことです。

 3月11日までに間に合うかどうか、というところだそうですが、早く被災地にあかりが灯りますように。

【12月代表質疑での沿岸部跡地利活用にかかる質問は以下です】

11月23日、市主催の防災集団移転跡地利活用フォーラムが開かれました。

跡地利活用検討委員会が設置され、今年度内に方針を取りまとめるとの計画とともに、被災者から跡地利活用に期待することなどが語られました。
フォーラムに参加された市民からは「ユニークなアイデアが寄せられたというが、被災地はただの空き地ではない」「被災者や現地で活動を続けてきた団体の意見はどこまで反映してもらえるのか」「元町内会の方々などだけではなく、これからの被災地を考える若い世代の声も活かして欲しい」など、多くの意見が出されました。確かにこの間、市民意見の公募や、被災地で活動している団体からの聞き取り、進め方の説明など、現地に赴き丁寧に取り組んでいただいていると思います。大切なのは、そうした中で寄せられた被災者の声にこたえることです。
例えば、荒浜で震災後4年間運営されてきたスケートボードパークは、代表の所有する敷地につくったため、その場所自体は跡地利活用の対象地区ではありません。しかし、その周辺の跡地利活用事業によってはパークを続けられなくなるのではと不安を感じていらっしゃいます。
震災後も、住民や被災地を訪れる人の集まる場となってきた取り組みについては今後も継続していけるよう配慮すべきです。現地で活動を続けてこられた方々のご意見を利活用事業に活かすべきですがいかがでしょうか、うかがいます。

跡地利活用が具体化していく中で重要なのは人が住まなくなった沿岸部の防犯対策です。被災者が自宅跡地に建設した事務所が、昨年、蒲生北部・荒浜と相次いで不審火により全焼する事件が起こりました。沿岸部では不法投棄も問題になっています。そうした事態を受け、これまでも被災地の防犯対策について求めてきましたが、市は「街灯の設置やパトロールの強化を行っていく」と答えてきました。ところが未だに沿岸部は夜、真っ暗のままです。
蒲生北部でも荒浜でも、全焼した事務所が所有者のご努力とたくさんの支援で再建されました。しかしまた同様の事件があったらという懸念を払拭することは出来ません。最近では荒浜でたき火をしたと思われるあとが何度も発見されています。跡地利活用の方針を取りまとめる中でも、防犯対策を位置づけ、早急に手立てを講じるべきです。いかがでしょうか、お答え下さい。

【答弁】
防災集団移転跡地について  
(住民意見の反映について)
沿岸部の防災集団移転跡地の利活用事業におきます住民の皆様のご意見についてのお尋ねでございます。
跡地利活用にあたりましては、当初から民間の自由な発想を生かし、主体的な利活用を図っていただこうという趣旨で、幅広く市民の皆様のご意見を募集するとともに、利活用を考えておられる方々や、地域の皆様との意見交換などを進めてまいったところでございます。
すでに、現地で様々な活動を続けておられる団体もございまして、こうした方々につきましても、1年以上前から、直接お伺いするなどして、今後のご意向の把握に努めてまいりました。
この跡地利活用は、本市の復興にとりましてシンボリックな取組みの一つでもございます。今年度末を目途に利活用方針を策定したいと考えており、この地域の歴史や自然などを生かし、さらに新しい魅力も生み出すような利活用のあり方について、引き続き、地域の皆様はじめ市民のご意見を踏まえながら、検討を進めてまいりたいと存じます。
その中で、現地活動をされている方々の活動についても、新しい事業者による利活用と相互に良い相乗効果をもたらすことができるような方策も併せ検討してまいる所存でございます。

(防犯対策について)
防災集団移転跡地の防犯対策についてでございます。
これまでも木柵の設置や除草など適切な管理に努めるとともに、庁内の関係部局や警察などによるパトロールの強化を図ってきたところでございます。
安全安心の確保は、防災集団移転跡地利活用の取組みの前提となりますことから、その具体的方策につきまして、今後、跡地利活用における事業者とともに検討してまいりたいと考えております。

特別支援学級の調査にうかがいました


26日は、特別支援学級についての調査で茂庭台小学校へ。高見のり子市議と一緒です。
茂庭台小学校は、自閉・情緒のあおぞら学級、知的障害のおひさま学級1・2組と計3クラス14名の特別支援学級です。
校長先生からお話を伺ったあと、授業の様子も拝見しました。

3時間目、国語。先生が用意してくれた一人ひとり違う教材プリントに取り組んでいました。あおぞら学級では5人の子どもに担任の先生と支援員さん1人です。

「先生、終わったよ~」
「いま見るからね。」と一人の丸つけを始めると
「先生、ここ分かんない」
「ちょっと待って、こっちを見てからね」
「先生、熱はかったよ」(学校も風邪流行ってます)
「どれどれ、お、微妙な…」
「先生、次はどれをやればいいの」
「え~っと、○くんの次のプリントは…」
「先生、バンソーコーください!」
「えっ、バンソーコー!?」
などなど…。
担任の先生と支援員さんが目まぐるしく動きながら、一人ひとり教えたり、丸つけしたり、体調管理したり。体がいくつあっても足りないとはこのことを言うのでは…と感じました。

おひさま学級は2クラス、担任2人と支援員さんが1人です。授業内容などに応じて支援員さんは2つの教室を行き来するそうです。
みんな一生懸命、課題に取り組んでいました。

4時間目は27日から始まる「私たちの作品展」@メディアテークを見に行くための特別授業。14名全員が集まり、バスの乗り方、到着してからの動きなどを勉強していました。障害に応じてふれあい乗車証や療育手帳などバスの利用方法も違います。先生が「○○さんはこれ」「□□さんはこれ」と丁寧に説明していました。

授業のあと、校長先生が「今日は議員さんが見にくるよと事前に話していたからみんな緊張していたかも。いつもはもっと元気いっぱいです。」と教えてくれました。

子どもたち一人ひとりの成長と発達を保障するために向き合う先生方の姿と、先生を信頼して楽しそうに授業を受ける子どもたちの表情が印象的でした。
宮城県の特別支援学級定数は8人。先生が一人ひとりと向き合う時間をもっと取れるように、定数の改善は急務だと、直接うかがって実感しました。

また、通常学級にも支援を必要とする子どもがいて、補助指導員さんが2人配置されています。しかし、おおむね3年で補助指導員の期間が切れてしまうという課題があるとのこと。これは、実態に即した対応が必要だと思います。

茂庭台小学校は、学区内にある天使園という児童養護施設から43名が通っています。市営住宅や復興公営住宅もあり、団地としては高齢化も課題になってきます。
地域の様々な実情の中で、子どもたちの学びと成長に力を尽くす学校ですから、少人数学級実現や、特別支援教育の充実で応援することこそ、仙台市の大事な仕事ですね!
今日の調査を、2月議会で活かします!

政務活動費の領収書等を自主公開しました

日本共産党仙台市議団は、政務活動費の領収書等をホームページで公開しました。
市議団ホームページ⇒ http://jcp-sendai.jp/
画面の右側(「トピックス」の右隣)に「政務活動費」のバナー(見出し)があります。
ここをクリックすれば、すべての領収書、収支報告書等をご覧いただけます。
公開は、2015年度分からです。

議会全体としては、12月議会に日本共産党市議団と民進党伊藤ゆうた議員、市民フォーラム平井みどり議員が提案した公開のための条例改正案が継続審議中、全会派でつくる検討委員会も立ち上がり来年度分の公開を再来年度に行う方向で進んでいます。
市民に開かれた議会、政務活動費とするため、日本共産党は引き続き全力をあげます。

 

被災者医療費免除制度の復活を!被災者が奥山市長に訴えました


本日、被災者の皆さんが奥山市長に対して医療費免除制度の復活を求め要望書を手渡しました。
若林区からも、荒井東、荒井南、若林西復興公営住宅の方、集団移転された方など多数参加され、直接市長に切実な実態を訴えました。

「復興公営住宅に入り、少ない年金に家賃の負担もあり苦しい。安心して病院にかかりたい。6年目からは復興公営住宅の家賃も上がるというのでは暮らしていけない。」

「復興公営住宅では、経済的な悩みが次々出されている。介護の免除打ち切りで、月5万円かかると言われ、介護サービスを受けられなくなった人。家族の医療費負担などが苦しく、このまま飛び降りてしまおうかと思うことがあると話す人も。市長に伝えなくてはと思い今日市役所にきました。」

「荒浜で被災した。沿岸部には多くの課題がある。自分も年末に心筋梗塞で入院した。持病のリュウマチもあり、医療費免除には本当に助けられた。東北でトップの財政力がある仙台市なのだから、医療費免除復活を決断してほしい」

このような被災者の生の声を聞いた奥山市長の回答は「国が全額支援をしないのであれば市の国保財政も苦しいので免除復活は出来ない。医療や介護、家賃などの相談は、復興公営住宅を訪問する支援員に話して欲しい」という耳を疑うもの。昨年度も、今年度も仮設や復興公営住宅を訪問すらしていない奥山市長には、市役所に詰めかけた被災者の叫びさえ聞こえないのでしょうか。

度重なる署名をはじめ被災者の運動の力で2014年度に復活させた被災者医療・介護料の免除制度ですが、奥山市長は2016年度から国の財政支援がはっきりしていないことを理由に打ち切ってしまいました。
しかし12月には、国がこれまでの支援率は引き下げるものの、26億円の特別調整交付金を仙台市に支給することが明らかになりました。
宮城県内ではすでに対象を狭めているため、免除復活にかかる仙台市の負担は約2億円です。
黒字が続く国保会計や、198億円も使い残している復興基金もあるのですから「お金が無い」は理由になりません。
75歳以上の後期高齢者医療広域連合長である奥山市長には、後期高齢医療費免除も打ち切ったという二重の罪があります。

被災者や、市民の暮らしのためにこそ、お金を使う。そんな、あたりまえの政治の実現のため、予算議会も、夏の市長選挙も、全力をあげなくては!

この日の交渉の中身が動画になりました。こちらもぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=lweC_dcKujA

東六郷、鎮魂の花火に参加しました


東六郷小学校で行われた鎮魂の花火に参加しました。津波被災した校舎の中で、地域の皆さん手作りのあったかいおしるこが振る舞われます。アンデス地方の民族楽器ケーナの演奏に合わせ参加者みんなで「見上げてごらん夜の星を」「東六郷小学校校歌」「ふるさと」を合唱すると、胸にこみ上げてくるものがあります。
その後、屋上や校庭に出て、鎮魂の花火が始まりました。真冬のしんとした空に打ち上げられる花火は美しくて、はかなくて。大震災で失われた命のことが浮かび、思わず涙があふれました。

東六郷小学校は昨年開校60周年を迎えましたが、今年の春から六郷小学校に統合されます。
いただいた60周年の記念誌には、市長や教育長からの祝辞が寄せられています。
しかし、被災直後仙台市が提案したのは2016年度からの統合でした。それを保護者や地域の皆さんが「60周年を迎えるまで待って欲しい」と交渉し、一年遅らせることが決まったのです。
PTA会長さんが「誠に悔しい気持ちですが、今年度で東六郷小学校は閉校になってしまいます。」と語っていらっしゃるのが、すべてではないかと思います。

現地再建地区として、住民が戻って暮らしている東六郷で、その中心になってきた小学校が無くなってしまうこと、本当に残念でなりません。防災教育に力を入れるというのなら、この学校を残して、震災の教訓を語り継いでいくことこそ必要なのではないか。私自身、悔しい気持ちでいっぱいです。

60周年の記念誌を見ていたら、東六郷小学校体育館のお別れ会の記事に、見慣れた文字が。
体育館を解体する前に、みんなでお別れのメッセージを体育館に書いたのですが、その時に私が書き込んだ言葉の写真が掲載されていました。
「長い間たくさんの子どもたちと東六郷地域を見守り育ててくれてありがとうございました」

今年度は、東六郷小学校最後の卒業式、そして閉校式が行われます。

恒例のどんと祭宣伝を行いました


本日はどんと祭。一年間の無病息災・家内安全を祈願して各地で取り組まれています。
特に今年は寒波の中での開催。地域の皆さん、消防団の皆さん、寒い中本当にお疲れさまでした。
私は荒町毘沙門天と南鍛冶町の三宝荒神社のどんと祭にうかがい、毘沙門さん前では福島かずえ県議と恒例のどんと祭宣伝を行いました。
美味しい甘酒と、荒町サポーターズの皆さんによる豚汁、たまこんをハフハフ頂くと、冷えた身体に染み渡ります。
全国的に寒波到来、明日以降も冷え込むようです。皆さんくれぐれもお身体に気をつけて下さいね。

仙台市成人式に参加しました

今日は仙台市成人式!約11000人が新成人を迎えました。御成人おめでとうございます。
今年は、荒町のIさんのお孫さんが、新成人を代表して誓いの言葉を発表していました。
艶やかな振袖やビシッと決まったスーツなど、華やかな晴れ姿と新成人の皆さんの凛々しい表情に希望を感じます。

学生ローンと化した奨学金、高すぎる学費、ブラック企業や長時間過密労働による過労死・過労自殺など、若い人たちを取り巻く状況は深刻です。
昨年から18歳選挙権となり、20歳になって初めての投票ということではなくなりましたが、大人の仲間入りをきっかけに政治や社会への関心を強めてもらえればと思います。
そして「自分の一票ではどうせ変わらない」「誰に託しても同じ」と諦めてしまっている若い人にも、一人ひとりが動けば社会が変わると実感を持ってもらえるように、政治家として、私も頑張らなくちゃ!と決意を新たにした成人式です。